蟹を食べに行こう!

蟹を食べに行こう!

先日パフィの「渚にまつわるエトセトラ」という曲を機嫌よく口ずさんで
いると、高1の息子にこう言われました。
「お母さん、そんなうた本当にあるの?」
私が「えっ、何が?」 と聞くと
カニを食べに行こうなんていう、歌詞が存在することが考えられない。
っていうのです。
私は
「あるよ、歌詞なんてなんでもあるよ。
あれだってそうじゃない、私のお墓の前で〜?」
と言いました。
まだ、人生経験の浅い彼にはカニを食べに行こうという歌詞が
とてもセンセーショナルで、また適当な母が作ったに違いない
と思ったようでした。

 

ところで、最近はカニの食べ放題っていうのを見なくなりました。

 

私の住むところには、カニの大きな模型が飾ってある店とかがなく、
代わりに個人の経営するようなカニ食べ放題のお店が数件あり、
友達と何度か足を運んだものです。 

 

でもやはり、高級なカニを食べ放題にするには、
相当の薄利多売を考えないといけないのでしょう。

 

私が行った店は、いきなり頼んでもいないおにぎりの皿を出され、
いかにも食べられるカニを少しでも抑えようという店主の努力が
伺えました。

 

それでも、お酒を飲む人はビールが別料金なので、ビールで儲ける
ことができたでしょう。

 

私のようにお酒を飲まない人はカニばかりを食べられて大変迷惑な客
だったに違いありません。

 

そんなこんなで、カニ食べ放題のお店は経営がうまくいかなくなった
のかなとも思いますが・・・。

 

カニ食べ行こうって、誘ってくれる人がいるとうれしいなあ。